ホーム » 謙虚さと感謝を忘れない!風評被害にあわないために

謙虚さと感謝を忘れない!風評被害にあわないために

情報発信するときは気をつけよう

インターネットを利用する人が増え、様々な情報が行き交う世の中になりました。個人でも情報を発信できるようになったため、今まで以上に情報発信には気をつけた方がいいでしょう。発信する側が問題ないと判断しても、受け取る側が問題だと思うと批判が殺到することが珍しくありません。風評被害にあわないためにも、日頃から発信する情報に気をつけた方がいいです。情報が広まるスピードは速く、気付いたときには手遅れなことも珍しくありません。

風評被害が生まれる原因

何もしていないのに風評被害が生まれたということは少ないかもしれません。発信側の常識と一般的な常識にずれがあるとき、風評被害が生まれることが多いです。同じような考えの人とばかり付き合うと、自分たちの常識が世間の常識だと勘違いすることもあります。情報を発信する側が謙虚さを忘れてしまうと、情報に刺が多くなることが珍しくないですよね。そのようなとこにならないように、情報を出す側は常に利用者のことを考え、謙虚さと感謝を忘れないようにしましょう。

謙虚さと感謝を忘れないようにしよう

風評被害にあわないためにも、発信する側ができることはしておいた方がいいです。インターネットに流した情報は多くの人が見るため、受け手が不愉快な思いをしないか常に気をつけてください。情報発信で利用者を教育すると考えるのではなく、情報を受け取って頂いていると思うようにしましょう。そうすれば、異なる考えを持つ人とも上手に接することができます。発信する側の傲慢さが炎上を引き起こすことが多いため、謙虚さと感謝を忘れないでください。

ネット上の誹謗中傷対策として、問題のある書き込みを削除したい場合には、書き込まれた発言を削除することができる管理者あるいはプロバイダに、本人または関係者が削除を要請し、速やかに対応してもらいましょう。

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031